フランス南部(Provence・Languedoc) 品 種

Grenache グルナッシュ

Grenache

中世に地中海沿岸を支配していたアラゴンを原産とするグルナッシュ種は、南フランスで栽培される高貴品種の一つ。

病気に弱い品種だが、ラングドックやローヌ河流域の風の強い気候はその病気から守っている。

深みのある色を持ち、力強く芳醇なグルナッシュ種は、赤い果実やプラム、スパイスのアロマを持ち、熟成させるに従い、モカ、チョコレート、タバコを思わせるアロマを生み出す。 シラー種との相性がよく、よくブレンドされている。

 

Syrah シラー

Syrah
シラー種は中世の十字軍が、イランのシラーズから持ち帰ったものと言われているが定かではない。
この品種は、ローヌ河流域に広く栽培されるようになったが、特に、コート・ロティの急斜面の痩せて乾いた土壌でよく育っている。ローヌの気候が非常に適していると言われている。

収穫量の少ない成熟期の遅い性質だが、近年フランスにおけるシラー種の栽培は大幅に高まっており、ローヌ河流域からラングドックやプロヴァンスへと拡がっている。

深みのある色を持つワインの、スミレ、ブラックベリー、ブルーベリーのアロマはスモーキーでシャープなのが特長で、タンニンもバランスよく持ち合わせている。

 

 

Cinsaut サンソー

Cinsaut
以前、南フランスで、大量に生産されていた安ワインに仕立てられていた頃のサンソー種の評判には、かんばしからざるものがあったが、 近年の収穫量を抑えた栽培と醸造技術の改革によって、その持てる力を蘇らせた。

ミネルヴォワ、リラック、シャトーヌフ・デュ・パプなどに見られるが、痩せて乾いた土壌で最高の結果を生み出すサンソー種は、 グルナッシュ種とシラー種とのブレンドに用いられ、グルナッシュ種の高いアルコール度とカリニャン種の収斂性とのバランスの上に、 しなやかさを持つ赤ワインを生み出している。

桃、木イチゴを思わせるアロマは、そのまろやかな風味と軽い酸味と共に、夏のロゼワインの理想的とも言われ、プロヴァンスや地中海沿岸では、その生産にも使われている。

Mourvedre ムールヴェードル

Mourvedre
ムールヴェードル種はスペイン原産で、現在、世界のこの品種の85%がスペインで栽培されている。プロヴァンスがカタルニアの統治下にあった中世末期、プロヴァンスに入って来た。 成熟が遅く、温暖な気候を必要とするため、フランスでは地中海沿岸が適地である。 カシス、バンドール、コート・ド・プロヴァンスなどのぶどう畑が栽培適地としての歴史を持っている。 ムールヴェードル種は収穫量の低い品種に属するが、締まったタンニンをもつ濃厚なワインを生み出す貴重な品種である。 ワインに骨組みを与える目的でよくブレンドに使用される。深みのある色合いを持ち、バンドールのワインのように、熟成にも向いている。

Caeignan カリニャン

Caeignan
スペイン原産のカリニャン種は、かって、南フランスの大量生産の安ワイン用の品種として栽培されていたため、いいイメージの無いものだったが、近年、サンソー種と同じ様に、収穫量を抑える事によって、その長所が発揮され、見直されている。フランスでの栽培面積では首位の品種。

グルナッシュ種のような品種とブレンドされることで、よい酸味を持つ、色合いの深いワインを造り出す。 タンニンも酸も強いので、ランクドックやコート・ド・プロヴァンスでは、一種のマセラシオン・カルボニック法でカリニャン酒を造っている。

Cleirette クレレット

Cleirette
地中海地方の最も古い品種の一つで、白ワインのブレンド用品種として広く普及している。フレッシュな味わいに仕上げるために使われる。 この品種を主体にミュスカをブレンドした発泡酒がローヌ流域の東にある<クレレット・ドゥ・ディ>である。 また、ランクドックには独自の歴史を持つ<クレレット・デュ・ランクドック>と言うACがある。
主に、Provence

Tbouren ティブラン

Tbouren
プロヴアンズの由緒ある稀少種。フルーティーで繊細なワインになるので、ロゼに使われる。

Cabernet Saubignon カベルネ ・ソーヴィニョン

Cabernet Saubignon
ボルドーのメドックからこの品種の素晴らしいワインの生産が始まり、ボルドーのワインを通して世界中で高い評価を得ている品種。 果皮の固い晩熟な品種。乾いた土壌と温暖な気候が必要で、ボルドーより北部では、ロワール川中流域までが栽培の北限。 メルロー種とのブレンドによって最適な味わいが得られる。 引き締まったタンニンが特長で、長期熟成によって複雑で豊かなアロマを醸し出す。 プロヴアンズには少ないが、コトー・デックス・アン・プロヴアンズの赤ワインに使われている。

Rolle ロール

Rolle
この品種は、プロヴアンズに古来から伝わる伝統的品種。ニース近郊のベレで特に有名である。

最近はルションでもよく見られ、南仏での栽培がますます増えている。ワインは、アロマ豊かで、気温の高い地方でも、爽やかな酸がのり、 繊細なワインができる。

Ugni Blanc ユニ・ブラン

Ugni Blanc
フランスで白ワイン用品種として最大の栽培面積を誇る。コニャックの主原料でもある。

実は丸く果汁が多く、色は淡く、フルーティーな風味を持つが、酸のきついボディーの無いワインになりがちだったが、最近は収穫量を押さえ、 新しい醸造技術の導入で、非常に繊細なワイン造りが可能となった。

Semillon セミヨン

Semillon
朝の霧の発生と昼の日照に恵まれるミクロクリマが、甘口ワインの生産に必須な貴腐菌の生育を促すソーテルヌの主要品種で有名であるが、 このセミヨン種は生命力旺盛で収穫量も多く、病気にも強いタフな性質を持ち、フランス各地で大量に栽培され、世界の栽培の40%を占めている。

ソーヴィニヨン・ブラン種やミュスカデル種とブレンドされる白ワインの主要品種である。
ソーヴィニヨン・ブラン種より繊細で、酸味も少なく、 ドライフルーツや洋ナシ、ハチミツなどの味わい持つ。
主に、Languedoc・Roussillon

Grenache Blanc グルナッシュ・ブラン

Grenache Blanc
グルナッシュの果皮の色づきが薄いタイプで、南フランす各地に普及している。フルボディーで香り豊かなワインを造るが、時に酸の弱いものになりがちなので、丁寧な造りが必要。

繊細で、魅力的な若飲みタイプのワインになる。

Picpoul ピクプール

Picpoul
果皮が、白・黒・グレーと多様な色を持つ特徴のある品種。

酸が強く、フルボディで、ドライフルーツ(アーモンドやヘーゼルナッツ)の香りと風味を持つワインを造る。 ランクドックの伝統的品種の一つ。

Bourboulenc ブールブラン

Bourboulenc
上質酒を造る素質を持つランッグドクの伝統的品種で、「ランクドックのマルヴォワジー」とも呼ばれ、非常に香り高いフルーティーなワインを造る。
ローヌでは南部で栽培されている。

*マルヴォワジー(Malvoisie)=ギリシャの半島名。この半島産の古典的で豊芳香ワインを指す)
Copyright © wine-jiten.com. All Right Reserved