INTRODUCTION 
Vintage
INTRODUCTION-Vintage
Vintage
ワインの品質は、ブドウの作柄に左右される。ブドウの作柄は気象条件に左右される。 ヴィンテージ・チャートは、その地方全体の、その年に収穫情報と新酒の酒質に基づいて作成されたものである。

 

注意点

1.ヴィンテージを気にすべきワインなのか?

一般的に言って、グラン・クリュ・ワイン(極上ワイン)は、長期熟成型のワインが多く、この場合はヴィンテージは重きをなす。豊作の年のワインは、長期熟成に耐え得る力を持っているが、不作の年のワインは、葡萄の力が弱いため、熟成も速く、生命も短い。従って、不作年の長熟タイプは、10年以内で充分楽しめる。

2.ヴィンテージ・チャートは産地の一般情報である。

表は、産地一般の情報を伝えるもので、個別のワインの畑や、造り手の情報を伝えるものではない。あまり良くない年であっても、造り手によっては、相当なレベルのものに仕上がっている場合もある(近年は栽培・醸造技術の進歩により「大外れの年」が少なくなった)。

3.古酒神話

古酒ワイン

ワインには、それぞれ飲みごろがあって、古ければ古いほどいいと言う事は無い。ただ、当たり年の長熟タイプは、より長期の熟成期間を要し、熟成よって素晴らしいワインに変身する。その熟成期間は、それぞれワインによって異なる

 

気象条件

気 温
: 年間平均気温は、14~16度Cが望ましい(ボルドー=12.8度C)。冬季の最低気温はマイナス15度C以下は危険、夏季の高温も40度Cを超えると危険。)

降雨量
: 理想的年間降雨量は、650ミリ。(ボルドー=833、ブルゴーニュ=682)
*ボルドーの不作の年を例にすると、それは6~9月の降雨量の多い年で、当然、日照時間の不足をもたらし、受粉の不完全、病虫害の発生、糖度の減少となって現れる。

日照時間
:最低1,300~1,500時間以上必要。(ボルドー=2,155、ブルゴーニュ=2,000) 

▼ Vingaage Charts (ヴィンテージ・チャート)

Vingaage Charts
産地別ヴィンテージ・チャート案内