CHAMPAGNE-AOC

 

AOC詳細

Champagne シャンパン

AOCとワインの種類

シャンパーニュ地方では、この「Champagne」と言う単一の呼称(ACも同じ)のもとに、年間2億本ものワインが生産されている。
しかし、同じシャンパンでも、ブドウの品種や栽培地によって様々な違いがあって、以下の種類がある。

 

◆ 原料のブドウの収穫年のあるなし

ノン・ヴィンテージ・シャンパン・(NV)
 

黒・白系の葡萄、異なる村、異なる年のものの混醸。甘口から辛口まである。年号表示無し。

ヴィンテージ・シャンパン (Millésimé)
 

特定の豊作の年のものだけで造ったもの、多くは辛口(Brut)。各メーカーの特醸品。年号表示あり。全出荷量の10%程度

 

◆ 原料のブドウの品種の違い

ブラン・ド・ブラン (Blanc de Blancs)
 

白系(シャルドネ種)の葡萄だけで造ったもの。軽い細かな気泡が見られ、軽い酸味の生き生きした爽やかな風味がある。

ブラン・ド・ノワール (Blanc de Noirs)
 

ブラン・ド・ブランとは対照的で、 黒系(ピノ・ノワール&ムニエの2種)の葡萄だけで造ったもの。コクがあり、アルコール分が強く、余韻が長く口に残る。

 

◆ 色と発泡性の違い

ロゼ (Rosé)
 

シャンパーニュのロゼは、キュヴェを仕込む時に赤ワインを加えるものと、赤ワイン用のブドウでロゼに仕込むものがある。コクがあって腰が強い。

クレマン (Cremant)
 

発泡性の弱い、一般的に、「弱発泡性」と言われるタイプのもの。

 

◆ 糖分含有量によるタイプ (1リットル当たり)

1. Extra-Brut
(エクストラ・ブリュット-極々辛口)・・・6グラム以下
2. Brut
(ブリュット-極辛口)・・・15グラム以下
3. Extra-Dry
(エクストラ・ドライ-辛口)・・・15~20グラムまで
4. Sec
(セックー中甘口)・・・17~35グラムまで
5. Demi-Sec
 (ドゥミ・セック-中甘口)・・・33~50グラムまで
6. Doux
(ドゥー-甘口)・・・50グラム以上

 

 

非発泡性ワインのAOC

Coteaux Champenois コート・シャンプノワ

label-Coteaux Champenois シャンパーニュ地方で造られる通常の非発泡性ワインのACである。
赤、白、ロゼが造られている。生産量は極僅か。発泡酒のシャンパンが生まれる前の中世では、シャンパーニュの赤ワインの評価は高く、王家や貴族の畑がこの地には少なくなかった。勿論、この地のブドウ畑の起源も教会や修道院である。

<赤>は、ピノ・ノワールとムニエ種から造られ、ルビー色の色調で、果実味の酸味も柔らかく、腰の強さも持つ。飲み頃3~10年。出色のものがある。

<白>は、シャルドネで造られ、フレッシュ&フルーティーの若飲みタイプ。

<ロゼ>は、出来上がった白ワインに赤ワインを混ぜて造る。これがこの地のロゼの特徴で、他の地方のロゼの造りかたと異なる。若飲みタイプ。
生産量
: 600hl (12ha)

*格付け100%、所謂グラン・クリュの<畑>ないし<村>の葡萄だけで造ったものは、ラベルに「Grand Cru」と表示される。
これは発泡酒のシャンパンにも認められていて、「RM・・・レコルタン・マニピュラン」のものには表示されている。
しかし、大手メゾンのラベルには殆ど見当たらない。それは、「ブレンドの妙」を売物にする大手メゾンの自信の表れと言えるだろう。

Rose de Riceys ロゼ・デ・リセー

label-Rose de Riceys エペルネから南にずっと離れ、 トロワ(Troyes)市の南東のリセー周辺の小地区(シャブリに近い)で造られる、ピノ・ノワール100%の色の濃い非発泡性の通常の<ロゼ>のAC。

古典的な造り方で、ロゼの色と風味が得られるとすぐに果汁と固形物を分離する、短い発酵によってできるワイン。
1~2年樽内で熟成。赤い果実のアロマを持ち、フレッシュ。5年以内に飲むべきワイン。
生産量
: 650hl (20ha)
Copyright © wine-jiten.com. All Right Reserved