BOURGOGNE 品 種

 

Bourgogne の 品 種 

Pinot Noir ピノ・ノワール

Pinot Noir(ピノ・ノワール)
ピノ・ノワール種は、ブルゴーニュの歴史が育てた最高品種。小粒の果実がぎっしり付いた、小さめの房がマツカサの形に似ていることから、ピノ(pinot=松)の名が生まれた。

繊細で、霜や病気の影響を受けやすく、早熟な性質で、非常に優れていると同時に、気難しい子どものような存在。
しかし、ブルゴーニュ地方のように温暖な時期が短い北部では、この品種の持つ成熟期の早さが一つのメリットとなっている。

色は濃い方ではない。長く続くその後味と繊細なアロマ(果実、さくらんぼ、キルシュ、皮革、 森の下草、ジビエ)を持つ。 その柔らかなタンニンと優しくシルキーで溶けるような舌触りのワインは、熟成によって洗練された気品を醸し出す。
特筆すべきは、テロワールによって、驚くほど様々な味わいのワインを生み出すことである。

 

Gamay ガメイ

Gamay(ガメイ)
ガメイ種は収穫量の多い品種で、ガメイ・ボジョレー種とも呼ばれ、この品種とその地域を切り離すことができない。
世界で生産されているガメイ種のうち60%がボジョレー地方で栽培されており、その痩せた酸性の花崗岩質土壌が、フルーティーでフレッシュなワインを生み出す。

またロワール河流域でも栽培しており、北部の気候がこの品種には適している。
軽いタンニンはそのフルーツ感を強く出すと同時に、わずかな酸味によって強調され、爽やかな味わいが楽しめる。

 

 

Chardonnay シャルドネ

Chardonnay(シャルドネ)
シャルドネ種は、春霜や病気に掛かり易い品種だが、非常に適応性が高い品種で、北のシャンパーニュ地方から、ロワール河流域、南のラングドック地方まで広範に渡り栽培されている。

しかし、北部の土地でこそ、そのアロマ豊かな力とその酸味、バランス、熟成向きの素質を開花さる。
最高のシャルドネ種が、ブルゴーニュ地方、特に モンラッシュで生産されているのは全くの偶然ではない。
気品あるワインを生み出すシャルドネ種は幅広い複雑なアロマを持ち、ライムの花、桃、洋ナシ、蜂蜜、柑橘類を思わせるその洗練された芳香は、トップクラスのぶどう品種の証である。

 

Aligote アリゴテ

Aligote(アリゴテ)
ブルゴーニュ地方で栽培されるアリゴテ種は、シャルドネ種の陰に隠れていて、細々ながら生き残りに成功し、現在でも栽培が続けられている。(ジュラやサヴォワでも若干栽培されている)

生命力旺盛で、早熟な性質。シャルドネ種より生き生きとした酸味のある軽いフレッシュな緑がかった白ワインを生み出す。

1998年村名ACに昇格した<Bouzeron>は、このアリゴテ種で造る白の数少ないACである。収穫量の制限がアリゴテ種を生かす重要な要素で、 オー・コート・ド・ボーヌでも、近年、非常に溌剌とたワインを造っている。
Copyright © wine-jiten.com. All Right Reserved