フランスワイン事典
ブルゴーニュ
シャブリ コート・ド・ニュイ コート・ド・ボーヌ コート・シャロニーズ マコネイ ボージョレー AOC格付け 品種 ドメーヌ 歴史
ブルゴーニュ地図

-Bourgogne-
コート・ド・ニュイ

地図・コート・ド・ニュイ
フィクサン
シャンベルタン
モーレイ・サン・ドニ&ミュジニー
ヴァージョ
ヴォーヌ・ロマネ
ニィ・サン・ジョルジュ
オー・コート・ド・ニュイ

ロマネ・コンティ、シャンベルタン、ミュジニー、 クロ・ド・ヴァージョ など、ブルゴーニュの中でも、最も偉大なワインを生み出すこの地区は、長さ20Km弱、 幅数百mの小さな一帯でしかない。
殆どが東向きのなだらかな斜面にあり、水はけがよく、日照量に恵まれている。 高度は230~300mを越えない。葡萄畑は、石の多い石灰質と泥炭土の上にあり、 特にピノ・ロワール種には最適な土壌と言われている。

産するワインは、 殆どは赤で、ヴァージョやモレイで極く少量の白を造っている。
畑や村の違いは、 はっきり相違点を持っているが、スタイルの点では同じ。つまり、素直でヴィヴィッドで、 がっしりとした少しハードなそのワインは、常にイチゴ類の強い芳香を持ち、しばらくの熟成を必要とする。
これらは、 栽培地、収穫年、醸造家の違いによって、ニュアンスの違いを持つとは言え、全体的に共通したスタイル。
各村々は、世界に冠たる特級畑Grands Crus)とそれに劣らぬ1級畑(Premiers Crus)で占められ、すばらしいワインを産出している。

この北から南に殆ど途切れることのない葡萄畑をつなぐルートを、 Route des Grands Crus(特級街道) と呼んでいる。ブルゴーニュを旅するワイン好きのメイン・ルートでもある。

 

村名AOCの詳細は、下記のようにページ分けし、
その中で、特級畑Grands Crus)と1級畑(Premiers Crus)について解説している。

 

 

コート・ド・ニュイの地形と気候

ロマネ・コンティの畑

コート・ド・ニュイと同じ高緯度に位置している地域で、これほどの最高級赤ワインを産出できる所は、何処にもない。冬は厳しく、春もしばしば、霜に見舞わる過酷な大陸性気候にも関わらず、葡萄栽培には最適な環境をつくっているのは、その地形である。

それは、全般的に、
・有利な方位(東、南東向き)
・なだらかな傾斜の丘陵(標高200~400m)
に葡萄畑があることによる。

つまり、それは水はけが良く、霜に強く、冷たい西風を防ぎ、陽の光を目一杯利用することが出来る。他方、大陸性の気候は暑い夏と好天を秋にもたらし、葡萄栽培には、好都合な自然条件となっている。

ヴォーヌ・ロマネ村の地層と高度

ブルゴーニュの銘醸地のよく整備された畑の絵のような光景を眺め、その葡萄栽培の長い歴史に思いを馳せると、自然の好条件もさることながら、「人間の営為」の積み重ねが造った景観であることが読み取れる。訪れる人に与える感動は決して「生の自然」ではない。

 

戻る