BOURGOGNE Chablis
Chablis(シャブリ)

ブルゴーニュの最北端に位置するシャブリの葡萄畑は、約20kmに及ぶスラン川の流域の小さな谷となだらかな丘陵にある。

北緯48度、樺太中央部に相当する位置にあるから、当然気候は寒い。日照が非常に重要だから、いいワインを生み出せる所は日照のいい斜面にある。
木の茂みに覆われていることの多いここの畑は、キメリジャン隆起と呼ばれる非常に珍しい瀝青質粘土地帯の上にあることが大きな特徴である。

他のブルゴーニューの地区が良質白ワイン用に用いるシャルドネ種から、シャブリ独特のキレのある辛口に造り上げるのは、それを育てる特有のこの土壌と気象にある。

*シャブリは、1978年シャブリ特有の下記の4つの格付けがなされた。上から、

1. CHablis Grands Crus : シャブリ・グラン・クリュ-特級- 5.0%
2. Chablis Premieres Crus : シャブリ・プルミエ・クリュ-1級- 31.0%
3. Chablis : シャブリ 59.5%
4. Petit Chablis : プティ・シャブリ 4.5%

 

 

AOC詳細

Chablis シャブリ

Chablis=-WineMAP(シャブリ・ワイン地図) シャブリの町を中心にスラン川を挟んで10程の丘に葡萄畑があるが、このACは、丘の中腹と平野部の20ヶ村で造られる。
「牡蠣にシャブリ」と言われ、生き生きとした酸味の利いたワインは、辛口白の代名詞になっている。
「火打石」と呼ばれるその香りと風味は、そのシャープさからか、ミネラル風味等と、鉱物系の表現をされる。植物系の香りと風味を持つムルーソと同じ辛口でも対照的である。

Premieres Crus(プルミエ・クリュー1級) は、
いい造リ手のもは、カリフォルニアなど新世界のシャルドネとは、はっきりした違いがあり、「さすがブルゴーニュ、やっぱり風土と伝統!」と唸らせるものを持つ。

Grands Crus(ブラン・クリュー特級) は、
シャブリの町の直ぐ近くの扇状地形の丘の傾斜地(標高200m以上)に畑があって、ワインは、品がよく、繊細且つ優美。

「牡蠣はシャブリ」とよく言われるが、同じ牡蠣でも手を加えた料理でないと、このクラン・クリュのワインの秀逸さは殺されてしまう。長寿で10年は保存できる。

生産量  220,170hl (3,993ha)・・・うち43,128hl (774ha)がプルミエ・クリュ。

lin

 

  • Blanchot
  • Bougros
  • Les Clos
  • Grenouilles
  • Preuses
  • Valmur
  • Vaudesir

生産量 720,000本 (97.8ha)

 

Premieres Crus(1級畑)

シャブリ・プルミエ・クリュ(1級)は、シャブリとその周辺の数ヶ村にあり、おおよそ40の畑があるが、下記はその代表的なもの。

・Mont de Milleu ・Montee de Tonnerre ・Fourchaume ・Vaillons ・Montmains ・Cote de Lechet ・Beauroy ・Vau Ligneau ・Vau de Vey ・Vaucoupin ・Vosgros ・Les Fourneaux ・Cote de Vaubarousse ・Berdiot ・Chaume de Taivat ・Cote de Jouan ・Les Beauregards

 

 

Petit Chablis : プティ・シャブリ

シャブリの指定範囲地区外の畑のものをこのカてゴリーにまとめたから、やせたものを良く見かけたが、近年の醸造技術向上で、若い内に飲む軽やかな魅力を持つものが少なくない。
価格を通常のシャブリと比べて、試してみる価値はある。

Vintage Chart

Vintage-chablis maturity ratings

 

隣接するAOC

Irancy : イラシー

Irancy(イラシー)

シャブリの南西に隣接するこのACは、地域ACだった <Bourgogne Irancy>が、1999年、村名ACに昇格したもの。
CravantとVincelotte村が含まれる。葡萄畑の起源は古く、古代ローマ人が開拓したものである。

ピノ・ノワール種の赤のみで、しっかりした色で香り豊か。堅実なボディーが特徴。若干(10%以内)、セザール種を混ぜることが出来るが、それが持続力を加えている。

生産量 7,332hl (156ha)
Copyright © wine-jiten.com. All Right Reserved