BORDEAX ボルドー
歴 史
BORDEAX-歴 史

ボルドー&南西地方の歴史

「 現在われわれが飲んでいるワインは、長い歴史を持っている。ワインを愉しむ喜びのひとつは、そうしたワインの歴史とか、それを生んだ風土などについて想いをめぐらせる点である。目の前にあるワインがどのような歴史の中で育ってきたかを知れば、(単に品質の技術的優劣を超えて)ワインの味わいがひとしお深くなる。」・・・・ ワインライターの大御所 山本 博 氏の著書の一節。

 

「ボルドー&南西地方の歴史」 は「ワインの歴史-フランスワインの歴史」の一つとして別サイトにしました。
「ボルドー&南西地方の歴史」はPC版のみです。が、Mobile版を現在製作中です。2016年内にはUPする予定です。しばらくお待ち頂きたいと思います。

その内容(目次)は、以下の通りです。

 

ボルドー & 南西地方の歴史

1. フランスにおける英国領の始まり (12Ch)
2つの国の王妃・エレオノールとプランタジネット帝国。
2. ボルドーの興隆 (13~14Ch)
国際交易港ボルドーとワイン交易。
3. 百年戦争 (14~15Ch)
ジャンヌ・ダルクと王権の伸張。
4. メドックの始まり (16~17Ch)
ブドウ栽培地としてのメドックの開発と整備。
5. 最初のマーケティングが生んだワイン (17Ch)
ロンドンの著名人を酔わせた「オー・ブリオン」の売り出し。
6. ボルドーの大繁栄 (18Ch)
増大するワイン貿易と砂糖と奴隷貿易による富の蓄積
7. 名醸地メドックの成立 (19Ch)
メドックの葡萄園主の変化とシャトーの建設
8. ロスチャイルド家と葡萄園 (19Ch)
「ギャンブル投機」とCh.ムートン & 「ビスマルクの机」とCh.ラフィット
9. ナポレオン3世と1855年の格付け (19Ch)
ナポレオン3世の政治とパリ万博のボルドーワインの公的格付け。
10. ボルドーの3M
世界の思想をリードした3人のボルドーの葡萄園主、モンテーニュ、 モンテスキュー、モーリアック