BORDEAXボルドー
 Graves
BORDEAX-Graves(地区)概要

Graves(グラーブ)地区
は、
ボルドー市の南、ガロンヌ河左岸に幅12km、全長約60kmの地帯に広がる。
ガロンヌ河はその源をスペイン国境のピレネー山脈に発している。
畑は、このガロンヌ河が運んだ砂利と玉石に覆われている。砂利を意味する「Graves」と言う地名の由縁である。

ボルドーのワインは、クラーブ(Graves)から発達し、この地区のワインがボルドーの名を世に広く知らしめた。"メドック"が有名になる18世紀以前は、クラーブのワインが圧倒的にもてはやされた。英国に輸出される「クラレット(Claret)」の一大産地だった。

ボルドーの港に近く、ワインの輸送手段としてのガロンヌ河があり、南に通ずる主要街道がクラーブ地区を通っていると言う恵まれた立地条件が、他の地区に先んじて、クラーブワインの流通に大きな役割を果たした。

この地区には、以下の5つのACがある。

AC:Graves(グラーブ)
は、
かっては<メドック>の陰にかすみ、並酒の白の産地だったが1970年代に入ってから変化が起き、赤が増え品質の向上がめざましい。白も軽い辛口のタイプが多くなった。

AC:Pessac-Leognan(ペサック・レオニャン)
は、
ボルドーの町に近いこの北部のAOCは、良質の赤ワインと辛口白ワインを産する。

AC:Sauternes & Barsac & Cerons (ソーテルヌ & バルザック & セロン)
は、
ガロンヌ河とその支流の合流する地形が朝霧を発生させ、「貴腐葡萄」を育て、フランスを代表する甘口白ワインの産地。

 

Gravesの畑(土壌)

 

Pages ACの詳細情報

上記のACを2つ分け、<Page-2>と<Page-3>に載せた。

本ページ: Graves地区Top(概要)
Page-2 : AC・Graves & Pessac-Leognan(グラーブ & ペサック・レオニャン)
Page-3: AC・Sauternes & Barsac & Cerons ソーテルヌ & バルザック & セロン)

▼ グラーヴの格付け

グラーヴの格付けは、第二次大戦後INAOと話あって行われ、1953年赤ワインだけを対象にして行われた。1959年白ワインも含めて改訂された。最後の改訂は2003年行われた。

「等級」を決めていないから、メドックの1級の地位を持つ「オー・ブリオン」から、メドックの5級程度か、それ以下に相当するものまで、その品質には大きなひらきがあり、価格の差も大きい。

ラベル表示は「Grand Cru Classés」又は「Cru Classés du Graves」。

この格付けシャトーの詳細情報は、それぞれのAOC詳細情報ページに載せてあります。